2007年02月24日

「中学受験の理科」日能研が目標としてること

日能研の知の翼の理科社会が変わりましたね

日能研の通信教育知の翼
これは毎年のように内容が変わっていきますね
といっても
教科書
毎月送られてくるテキスト
冒険シート
発見シートは
上のこと下の子と同じようにも思いますが
講座じたいがウイングコースとかいろいろありました


今度からは
ウイングコースでは社会、理科はやらないようです

理科
私は結構理科が好きでしたので
子供たちと理科の話をするのは好きです
中学受験となるとまた別なんでしょうが
理科というのは、普段の生活の中で
何でだろう????
というところを説明するもの
と考えてきました
社会は身の周りとの関わり合いだとすると
理科は身の回りの謎解きみたいな、、

日能研のテキストの話だと
理科
として枠を区切って
理科を単純な知識の集合とするのではなく
全体として
まなぶということでしょうか

問題シートが無くなりました
エスパー探偵団として
身の回りのなぜ
身の回りと関わり
を教えるようになったようです

個人的には
知識を詰め込むのはいけないことのような風潮がありますが
わたしは大切なことだと思います
中学受験に理科を教えるとき
例えばてこの原理を教えるのに
やってみること見せてみること、やらせてみること
大切です。

三角定規
こんなものとさわらせることは大切です
でも
みたりさわったりでではなく
それがどういうものか
ということは知識としてしっかりと知ってもらいたいと思うのです

磁石を紐でつるして南北に向くか
しばらくしてると磁石が回っていくか
これは
地軸の関係
地球の自転のため
やっぱり中学受験だからとかじゃなくて
その理由と原理と現象をしっかりと関連つけて
そうして知識として
身につけて欲しいものです

知識は
ものを話す根底、定義みたいなものですから
これがないと会話にならないようなものですよね

うううう
なんだか 
わけわかななくなってきた



posted by yumi at 15:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

テーマ史 〜人物
Excerpt: フェリスのテーマ史シリーズで今度は“歴史上の人物”です。以前に掲載したような気も
Weblog: パパの“過去問はつらいよ〜中学受験編”
Tracked: 2007-06-25 12:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。