2007年03月01日

子供でも勝てる将棋の勝ち方

子供でも勝てる将棋の勝ち方
将棋も子供の頃好きで勝ち方を調べたものです
父が将棋をしてたので一度勝ってみたいと思っていました
それで
将棋の本を買いに行ったんですが
子供の頃はお金もなくて
古本屋さんへ行ったんですね
本屋さんじゃなくて古本屋さんへ将棋の本を買いに行ったんです
田舎だから古本屋さんもあんまりきれいじゃないし
女の子が将棋の勝ち方なんて
今思うと変ですね

あのころ
本当に一瞬女流棋士なんて考えたことも
古本屋さんで見つけた将棋の本が
確か
いくらだったかしら

100円 ?? 200円??
くらいの将棋の本が
なんと確か2倍くらいの値段で売ってたんですね
今でも覚えていますよ
坂口允彦8段の「将棋入門」
でも
古本屋さんなのに将棋の勝ち方の本が2倍も高くなっていて
これはおかしいっていったんですね
そしたら
古本屋だから安くなると思うのは間違いだ
とかなんとかいわれて
その将棋の本はともてよい本で
子供でも読めば勝てるようになる
といわれ

たしかに
坂口允彦 8段の 8段ってものすごそう
これを読みさえすれば子供でも将棋に強くなって
父親に勝てるかもしれない
将棋で父親に一回は勝ってやろう
そうおもって
これは本当に掘り出し物なのかもしれないって
子供心に感心して
その将棋の勝ち方の本勝ってきたんですよ
結局

それから

しばらく
漢字だらけの将棋の本読んで
勝ち方を学んで父と将棋をやって勝とうとしたんです
でも
結局
何回将棋しても父には勝てずに大きくなってしまったようですね
オセロも将棋も3手先まで読めって言われたことがありますが
そんなことできないですよねえ
将棋なんてコマ数がやたら多くて
チェスでも無理でしたし
将棋で3手先を読むなんてなかかな
難しいです

posted by yumi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

きょうは将棋界で「一番長い日」
Excerpt: きょうは、将棋のA級順位戦最終日。いわゆる「将棋界で一番長い日」です。 A級の一位が名人への挑戦権を得るのですが、これは最終局を待たず郷田真隆九段に決まっています。 興味関心は、A級残留争い。降級する..
Weblog: BS11広報マン日誌
Tracked: 2007-03-02 19:29

梅沢由香里さん女流棋聖に!
Excerpt: いつもデスクトップに置いている Ticker で嬉しいニュースが飛び込んできた。 ↑ Ticker(ティッカー)ってこんな感じ。 ほぼ実物大です。 わかりやすくいうと新幹線とか..
Weblog: ディープインパクト@まこっさん
Tracked: 2007-03-02 23:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。