2007年03月03日

お寿司大好き。日本人ならこれ

お寿司大好き。日本人ならこれ

お寿司って美味しいですよねえ
回転寿司ができて本当に入りやすくなりました
子供たちもたのしいから
回転寿司は大好き
ちょっとしたお祝いに回転寿司って良いですよね

昔から田舎は海に近かったので
お魚は結構ありました
もちろん
お寿司食べるのなんて
よっぽど良いことがあった時
それも
マグロを買ってきて
ははが切って
それをご飯に乗せてお寿司にするんですね
あとは
お寿司といえば巻物か
いなり寿司です

あんな
お皿にひとまとまりでのっている
上寿司、とか極上寿司とか
いろいろお寿司にも種類があるのを知ったのは
大学生の頃でしょうか
お寿司屋さんに連れて行ってもらって
カウンターに座って
好きなお寿司を注文する
こんなことができるなんてその時初めて知りました

ところが
いまは
回転寿司でも
回転してくるのなんて取りませんもの   笑
みんなその場で握ってもらったのを食べちゃいます
乾いてない方が美味しいですものね

最近マグロが捕れない
というか他の国に取られちゃって日本に入らない
まあ、そうですよね
日本食ブームとか行って
海外いろんなところでお寿司宣伝したら
みんな美味しいですもの
たべますよね     笑

子供たちは
もうマグロが食べられないんじゃないかって
真剣に心配しています    笑い
全部いっぺんになくなるんじゃないわよ
って教えてあげるのですが
マグロが無くなるって言うテレビをやるたびに
もうお寿司食べられなくなるんだ
って泣いています     

わたしは
もちろんお寿司では中トロが大好き
大トロはちょっと脂っぽくてもうダメです
あとお寿司で白身の魚も大好き
サバ、アジ、ヒラメ、
おいしいですねえ
ネギトロなんかも

そういえば
先日の新聞で
関アジ,関サバのご当地サバアジで漁師の人が
争ってると言うようなのをみました
ブランドですからねえ
どこの港からブランド魚が捕れるかっていうと
やっぱり問題なんでしょうねえ

あとは
築地のお寿司屋さん
行ってみたいなあ

開高健の紅茶、世界で一握りの紅茶

そうそう高野の隣に
中村屋というカレーで有名なお店があります
そこの一階のお茶室で
もう!!!

紅茶を頼もうと思ったら
キャッスルトンダージリンがあったんですね


温めたティーポットを
保温袋で覆ってでてきました
ホント
美味しかったです
紅茶を飲んでも幸せになります

なあんでもいいんですね
美味しいものが大好きなんです

以前
開高健が生きていた頃
夜中の番組で紅茶をやったんです

迂路お覚えですが
アラブのオイルダラーにしか手に入らない
世の中で本当に貴重な紅茶が手には入って
これがこれ
といってテーブルの上うえの紙の上には
ほんの数つかみの紅茶

この紅茶にあう水は!!
どこどこの島のわき水
といって島まで行って
ヤカンに紅茶をわかす水を取ってくる
そう、
このヤカンも
この紅茶に合う水をわかるためには
なんとか性のこのヤカン

そうして
このヤカンの水をわかすには
確か炭だったかしら???
忘れちゃったけど
これも何かうんち語ってわかすんです

あ、
水も
ヤカンも
ちゃんとみんな物語があって
何かしらうんちく語ってから取りに行くんですけどね
そうして
そのオイルダラーから手に入れたという紅茶を入れて

紅茶を入れるわけです
その紅茶を入れるカップはこれこれで

また一語りあって
飲み始めるわけです

そうして
開高健が語ったのは
「あわい!!!」
これだけ!!

今でも忘れない
「あわい」
「この淡い紅茶」

いったい
あの
世界でもほんの一握りの
本当のお金持ちにしか手に入れることのできない紅茶

それが
「あわい」、、、、、、、、

ずーっと
ずーっと
ずーっと

どんな紅茶だろうと思っています
キャッスルトンダージリン入れるときには
結構葉を入れて
うちの人たちからは濃いんじゃない?
っていわれるくらいの紅茶にしちゃうので
「あわい」
とは違いますが

でも
わたしの最高の紅茶は
キャッスルトンダージリンです。

2007年03月02日

紅茶も種類が豊富で美味しいのありますよ

紅茶もいろいろな種類あっていいですね

紅茶も種類豊富でいいですね
こどものろころは日東紅茶にお砂糖入れて飲んでました
紅茶は中学くらいまでコーヒーより飲んでました
あのころは紅茶といえば日東紅茶しかなくて
そのうち
ブルックボンドとかリプトン、トワイニングなどの紅茶がでて
美味しい紅茶があるものだと思ったものです
フォーションの紅茶を飲んだときには
こんな香りの紅茶もあるのかと感動しました

ところが
ある日
静岡に行く用があって静岡の紅茶やさんに入ったんです
そこで
この世のものとは思われない紅茶に出会いました
キャッスルトンダージリンでした
あとから
どうしてもその紅茶たしりたくて
そのお店に連絡して
紅茶を分けてもらえないか
ってきいたところ
東京の新宿高野から買っていると

思わず
新宿高尾のインディアンティーセンターに連絡
そうして、
通信販売してもらいました
自宅で
着払いで買うことができるんですね
もうあのキャッスルトンダージリンの香り
マスカットフレーバーといわれるあの香り
紅茶の香りだけど
インドの山奥
霧のかかった丘の上で
淡い日差しものと
お茶の葉を手詰みするようすがめに浮かびます
以前は
キャッスルトンダージリンの紅茶は
春秋のファースト、セカンドフラッシュの二回入っていましたが
今は秋だけすね
こっちの方が美味しいですね

ダージリンの紅茶も奥が深く
シリンボーンダージリンなどたくさんあります
この紅茶の名前は紅茶農園の名前ですね
たくさんの紅茶を送ってもらって飲みました
でも
やっぱり
紅茶の王様はキャッスルトンダージリンだと思っています

あの紅茶の香り
飲んでみて
なんて言うのでしょう
砂糖も何もいりません
もう紅茶キャッスルトンダージリンだけで完結です


紅茶は自分でどう入れたら美味しいのかわかりません
美味しい紅茶を飲みたくなったら
キャッスルトンダージリンを買って飲むだけなので
珈琲のように美味しい入れ方も言うのもわかりません
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。