2007年10月25日

もらって嬉しいお歳暮って???

お歳暮の季節が近づいて来ましたね。

お歳暮の季節、、さて何を送りましょうか。
といっても、毎年大体同じなんです、うちは。

いつも思うには、
もらう方もあそこの家はいつも同じお歳暮っておもうかしら。
でも、自分としては
あそこはアイスクリームくれるはず。
あそこは、ハム。
あそこは、バターや乳製品詰め合わせ。
あそこは、ビール。

ね、
じゃあ、家では年末にかけて必要なものは、、
って計画が立てられるじゃない   笑い

だからいつも一緒。


この季節になると、もらって嬉しいお歳暮ランキング
とかランキングはやりだけど、
ちょっと見てみると、

一位商品券だった。
商品券ねえ。
足しかももらって困るものじゃないし、
デパートに行けばなんにでもなる

たしかに、
年末デパートに行って、
おせち料理セットでもなんでも
足りないもの買って帰ることができるけど
でもねえ
お歳暮に商品券というのもちょっと寂しいかしらん


でも、もらってお嬉しいお歳暮ランキング
二位も選べるギフトでしたから、、、

悩ましいですねえ。
カタログギフトって確かにもらった方も
いらなかったのに、ということはないから
いいかもしれないですねえ。
そういえば会社の得意先からのお歳暮は
いつも、そごうのごっつお便です    笑い。

でもって
毎年頼むのが、お鍋セットや
パーティセット。
お正月か、お正月明けの頃にちょうどよくて、、、汗

お正月も終わりの頃、ちょっと豪勢に
石狩鍋にしましょう、、、
なんて、
ね。


三位以下はお菓子とか、名店商品とか、食べ物
ハムとか、ビールとか
あとは普通でした  笑。

参考までに、goo のもらって嬉しいお歳暮ランキングをのせておきますね。

三位 お菓子詰め合わせ
四位 ホテル・名店の味の詰め合わせ
五位 お肉
六位 ビール
七位 洗剤
八位 ハム
九位 蟹
十位 お米
十一位 果物
十二位 ジュース
十三位 ワイン
十四位 調味料
十五位 乳製品
十六位 海苔
十七位 日本酒
十八位 健康食品
十九位 野菜
二十位 乾物セット

でーす。       笑
posted by yumi at 17:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 生活の中の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

母の日のプレゼントでもらってうれしいのは!!

母の日プレゼントでもらってうれしいのは!!

母の日が近づいてきます
5月の第2日曜
毎年子供たちがプレゼントを考えてくれます

よく恋人が送られてうれしいプレゼントランキングで
ジュエリー&アクセサリー、マフラー、パシュミナショール、
ストール、手袋、バッグ、財布 、花束、腕時計、服 
などなど、、いろいろありますよねえ

でも
プレゼントは何を贈ってもらってもうれしいんですよ
ほんとうに、
母の日に花束1つでも
うちの人と子供たちとプレゼントを買いに行っても
きっとすぐには決まらないでしょう
母の日プレゼントはこれ、あれ、あーでもない、こーでもない
楽しんで選んでくれてるんだと思います

せっかくの母の日ですから
きっと、これなら一番喜んでもらえる
そう言いながら選んでるんだと思うんですよね

そんな風に考えながらもらえるプレゼント
一番もらってうれしいプレゼントですね。

母の日は元々アメリカで
1908年5月10日(これが5月の第2日曜日だった)に、
1905年5月9日に亡くなったミセス・ジャービスさんを追悼しようと、
娘のアンナ・ジャービスさんが
教会で母の好きだった白いカーネーションを配ったこが
母の日のはじめらしいのです。

もともと
このミセス・ジャービスさんは
1858年に「Mothers' Day Work Club」を結成し、
病気で苦しんでいる人を助けるために募金活動をしたり、
病気予防のため公衆衛生の活動をするなどの社会運動家でした。
南北戦争時代は中立を宣言して南北双方の兵士を看病し、
平和を願って献身的に働いたそうです。
彼女自身も戦争や病気で8人の子供を失っているそうで
母親としての社会活動をおこなったそうです。

ですから母の日に白いカーネーションを贈るのは
母親への感謝ではなく
平和を願う母親たちの社会運動を記念したものとしてスタートしたもの
だったんですね

そう思うと
プレゼントは何をもらっても
そんなプレゼントを家族みんなで選んでくれている
そんな楽しい風景平和で楽しい家族
そんな平和な生活が得られている今現在の日本
そんなすべてが母の日にもらって一番うれしいプレゼントかなって
ちょっと考えちゃいました。


posted by yumi at 18:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活の中の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

重曹掃除(ナチュラルクリーニング)とは?

重曹掃除(ナチュラルクリーニング)ってご存じですか?

「重曹掃除(ナチュラルクリーニング)」とは一般的に重曹や、
お酢を使って行う掃除のことをのことを言うようです。
そんな掃除法があったんですねえ
最近知りました。

ナチュラル家事とか、楽家事とか、エコ家事とも言われているようです。
重曹とは結局アルカリ性なんですね、で、お酢は酸性。
家庭の汚れはみんな酸性かアルカリ性に別れるんだそうです。
そこで、重曹とお酢を使って酸性の汚れとアルカリ性の汚れを中和させる
これが重曹掃除の基本的やりかただそうです

問題はそれで本当に汚れが落ちるのかですねえ

重曹掃除は最近主婦向けの番組や、
雑誌でよく特集されていますよね。
あれだけ重曹掃除っていうのですから、綺麗になるのでしょうか

うちは家族みんなアトピーなので
以前から合成洗剤は使わないで生協石けんです
洗濯も生協石けん洗剤を使っています

こんなのが
重曹とお酢で綺麗になるなら体にもいいはずなんですが
どうなんでしょう??

何気なく日常で使っている、洗剤って種類が多くてよくわかりませんが、
いわゆる石油からできている合成洗剤は体に有害で、
環境を汚染する物質が多く含まれているようです。
これは自分の肌でわかります
合成洗剤で洗った服を着ると肌が荒れますし
子供なんかそれで汗をかくと真っ赤になります。


私も最近重曹掃除(ナチュラルクリーニング)をしてみようと考えていますが
生協石けんとの縁もなかなか切れません
生協石けんも肌には悪くないようです

ただ、生協石けん洗剤で洗濯すると
服に白く石けんが残ることがあるんですね
でも、
それでも肌が荒れると言うことは
合成洗剤を使っていたころよりはましです。

重曹掃除でもっとよくなるならと思いますが
今までもよくなると思って使ってダメだったことがいっぱいあって
なかなか踏み切れませんね。


重曹、またの名をベーキングソーダー。
ベーキングパウダーと間違えそうです         笑
重曹は、アルカリ性なので、
油などの酸性の汚れを取るのに役立つそうです。
キッチンからやってみようかしら。

posted by yumi at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の中の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。